ドイツの牛タン料理

ドイツ料理といえばソーセージをイメージすることが多いのではないでしょうか。ソーセージはひき肉を羊などの腸に詰めたものです。ソーセージとドイツビール、この組み合わせは最高のコンビですね。



実はドイツには地域によって特色のあるソーセージが多く存在し、その数は千種類以上とも言われています。中には、ひき肉とともに血を入れて作る血ソーセージ、ひき肉と合わせて牛タンの薄切りを入れるタンソーセージなどがあります。タンソーセージは、ミンチ状にしていないままの牛タンが入っているため、こりこりとした食感が楽しめます。

GRANSTA(グランスタ) | 東京駅エキナカ/TOKYO STATION CITY | 絶品定番

また、ドイツ料理のメインディッシュは肉料理が中心。ドイツ人は豪快にソテーした仔牛肉や、煮込んだ豚肉などをよく食べる民族です。中でも、牛タンや豚、羊など様々な種類の肉のいろいろな部位を入れて煮込んだ「グラーシュ」はとてもスタンダードなメニューです。

須川さん旅日記 - 商大くんがいく!

このグラーシュを作るには、まず肉を炒めます。牛タンならば茹でて皮をむいてから炒めます。そして玉ねぎ、香辛料を加えて極力お水は入れずに煮込んでいきます。もちろん、まったく水分を入れないと焦げてしまうので、ワインを適宜、投入します。こうしてじっくりと煮込むことで肉のうまみがソースとなり、つけあわせのじゃがいもやザワークラウトにもつけておいしく頂けるお料理となります。

魚料理は北ドイツでは食べられますが、ドイツ全域でこのように肉料理を食べることが一般的です。使用する肉の部位もさまざまで、無駄なく食材を使いきるため、合理性を重んじるドイツの国民性が食文化にも出ていることがうかがえます。
?>