太陽光発電の寿命

太陽光発電は自然エネルギーを基にしているので、化石燃料と違い、原料が尽きて寿命を迎えることはまずあり得ない。しかし、発電装置の耐用年数は存在する。太陽光発電装置は、どれぐらい保つのだろうか?
現在、太陽光発電装置の耐用年数は20年以上と言われている。

岩手県 - クリーンエネルギー導入支援事業について

しかし、それはあくまで設計上、大部分の製品が稼働できると推測される『期待寿命』。メーカーによる性能の保証機関とは、また別の話になる。太陽光発電装置の保証期間はメーカーによって様々で、20年のものもあれば10年程度のものもある。もちろん、同じものでも設置環境によって耐用年数は変わってくるし、メーカーの製造ミスによって保証期間よりも短くなってしまうこともありうる。また、一般に太陽光発電装置は壊れにくく、メンテナンスも簡単で長持ちすることで知られているが、それは機械のメイン部分(モジュール)のこと。

クリーンエネルギー活用事業補助制度(暮らしのガイド:その他の制度)[佐渡市ホームページ]

一般的なパネル式太陽光発電装置を思い浮かべてほしい。中が細かく区切られた、平たい四角いパネルを想像されるだろう。観察眼の鋭いかたなら、そのパネルが更に何枚も連なっている光景を思い出されるかもしれない。
一番小さな四角が『セル』。それを何枚かつなげてパッケージ化したものが『モジュール』。そのモジュールを複数枚並べて接続したものを、『アレイ』と呼ぶ。



モジュール部分を取り付ける架台や施工部分、周辺機器などは、本体よりも寿命が短い場合が多く、定期的なメンテナンスや交換が必要となる。特にパワーコンディショナーなどは寿命が10年程度と短い。将来的には、これらの機器にも長寿命が求められるだろう。

また、壊れはしなくとも、モジュールの機能は月日とともに低下していく。世界各国の経年劣化による機能低下の調査データによると、平均して年に0.8%の機能が低下するとの結果が出ている。また、経年劣化の例としては、モジュールの強化ガラスとセルの間に詰められている樹脂がはがれたり、湿気がモジュールの内部に侵入して電極が腐食するなどの事例が挙げられている。
製作段階で耐用年数を上げる努力ももちろんだが、太陽光発電装置を長く安全に利用するためには、定期点検が欠かせないと言えるだろう。
?>