自動車損害賠償保障法

自動車損害賠償保障法の目的は、自動車の運行によって、人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的として制定された法律です。

リビルドとは- IT単語帳/キーマンズネットでIT情報を検索

上記はほぼ原文のままですが、自動車に乗る人であるならば、自動車保険についての知識はお有りかと思います。自動車保険には大きく分けて、自動車損害賠償責任保険と任意の自動車保険があります。前者のほうは、自動車および原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険ですので強制保険とも呼ばれています。この自動車損害賠償責任保険こそ、自動車損害賠償保障法に基づいて作られた強制加入保険なのです。



この自動車損害賠償責任保険、通称、自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としています。対人賠償に限られており、死傷した相手側の運転者と同乗者、もしくは歩行者が対象となります。つまり、自動車損害賠償保障法でいうところの、「人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度」であるわけです。被害者の負傷や死亡にのみ賠償金が支払われ、加害者の怪我や自動車の破損に賠償金が支払われることはありません。

Blue-T リビルドスタインウェイ

もしも、加害者側に賠償金を支払う能力がなかったとしても、被害者は自賠責保険によって、ある一定の金額までは、賠償金を受領できます。自動車損害賠償保障法はこのように、偶然事故に遭った被害者が、賠償金ももらえず、負傷したまま泣き寝入りするのを未然に防ぐという被害者保護の観点から、非常に重い意味を持つ法律であると言えるでしょう。

ただし、自賠責保険には死亡であれば上限が3000万円、負傷の場合は120万円という上限が設定されています。また後遺障害の程度に応じてもお金が支払われますが、こちらもやはり限度額が定められています。これらの限度額は対人賠償だけの支払いですから、万一の場合十分な補償であるとは言い切れません。これを補うために任意の自動車保険が必要になってくるのです。
?>